BRANSHES – ブランディング


  • CLIENT:ブランシェス株式会社
  • BRANDINGCILOGO

子供たちの未来を守り育てていく。

子供服ブランドの大手でもあるブランシェス様の企業CIリニューアルとブランドロゴリニューアルを担当しました。
ブランシェス様は、アパレル企業であるのは勿論ですが、それ以上にCSRなどにも力を入れており、ただ子供服をつくっているわけではなく、「服を通じて子供達の未来を守り育てていく」という企業としての強い想いを汲み取り、「守る」「子供」というワードから発想し、「盾」「ゆりかご」をイメージした企業ロゴマークをデザインしました。

マークのなかに描かれているビジュアルは、「子供達の未来を照らす太陽」であり、「ゆりかごで揺られている赤ちゃん」でもあります。

カラーはグレーを基調にシックにまとめ、BRANSHESのネーミングの意味でもある「無垢」を感じさせる配色に。


子供達の笑顔、ご家族の笑顔、社員皆様の笑顔をこの先ずっと守っていく。
この企業ビジョンをカタチにし、お客様だけでなく社員達もモチベーションが上がるような旗印にすること。そして、飽きられない強度のあるロゴマークであることを目指しデザインしました。

CIリニューアルに合わせブランドロゴも一新

今回CIリニューアルに合わせグランドロゴもリニューアルしました。

ブランドロゴのデザインを作るにあたり着目したのは、「品質(生地)へのこだわり」でした。
ほぼすべての商品でオリジナル生地を使用しており、ファブリックにこだわりっているという点は他ブランドにない強みでした。「洗った後にこそブランシェスの良さがわかる」とお客様から言われるほど製品の品質や素材にこだわっているブランシェス様のこだわりをマークで表現できないかと考えました。

そこから生まれたのが『編み目モチーフ』です。


ブランドロゴマークはお客様との最初のタッチポイントになります。
だからこそブランシェス様のこだわりが直感的に伝わることが大切だと考えています。

また、ファッション性を高めつつ、子供服ブランドであることが一目見て分かるデザインであること。子供らしくなりぎると幼稚なデザインになってしまい、ファッション性を高めると子供らしさがなくなってしまう。そこのバランスを慎重にデザインしています。

ブランド表記は小文字表記に変更。
小文字で「楽しさ」「子供らしさ」を表現し、キーカラーとなる緑で「成長」を表現しています。