TOPICS

ブランドパートナー事業 第一弾「TORINOKI」スタート

誇れるまちの未来をつくるを掲げる株式会社トリクミは、新たにブランドパートナー事業を開始します。
鳥取の価値ある商品や生産者様と提携し、デザインやブランディングの力で価値の最大化を目指します。

これまで鳥取で事業をおこなう中、大変多くいただいた相談。
「ものはいいはずなのに売れない」「良い商品なのに売り方がわからない」「事業承継や後継者がいない」「ブランディングしたいけどお金がない」そういったお客様の声をトリクミがデザインとブランディングの力で解決します。

従来のデザイン事業のように発注、受注、デザインして終わりの関係ではなく、共に事業者としてタッグを組み、時には自社で事業買収や業務提携、資金投資を行い一緒になってブランドを育てていく試みです。報酬形態も従来通りの報酬形態ではなく、よりコミットしていくためにもレベニューシェアやストックオプションなど、より事業にコミットできる体制を設計します。

 

ブランドパートナー事業 第一弾
鳥取の天然木ブランド 「鳥ノ木 TORINOKI」 スタート。

新たにスタートするTORINOKI(https://torinoki.com/)は、1989年以来31年間手仕事にこだわり、鳥取の木だけをつかい家づくり、家具製作をおこなってこられた「木のある暮らし展」様と、私たち「株式会社トリクミ」とがそれぞれの強みを生かし共に、木のある暮らしの豊かさを提案するブランドです。

 

[ブランド立ち上げ経緯]

木のある暮らし展様から「鳥取の木の良さを世の中にもっと広めていきたい」、トリクミと一緒に何かできないかとお声がけいただいたことがきっかけで、プロジェクトが実現しました。

もともと、トリクミで運営する店舗(BASE8823、KAEN)でも一枚板を使わせていただいており、本物の木があることでの空間の深みや、大きなスケール感、木のあたたかみを実感し、お店でもお客様の笑顔をたくさん見てきました。今回お声がけいただき、トリクミとしても、この価値あるいい商品を、もっと多くの人に知ってもらいたいという想いも相まって両者で一緒に新たなブランド「TORINOKI」をスタートすることとなりました。

 

[鳥取の天然木ブランド  鳥ノ木 TORINOKIについて ]
TORINOKIは、鳥取で数百年生きた貴重な天然木を、職人の手仕事で丁寧に加工し、一枚板テーブルをメインとした家具制作や、店舗内装、家づくりをおこなっています。

「雄大なスケールで生きる木の家具を、暮らしに取り入れるだけで、ただの日常があたたかく色づき、かけがえのない変化が生まれる。」 そんな想いで私たちは、何百年もの時を鳥取で生き抜いた天然木“だけ”を扱っています。

日照時間が短く木にとっては決して優しい環境ではない鳥取の地で、懸命に生き抜いてきた木に、敬意を払い、手作業にこだわることで、その木だけが持つ温もりや大切な個性を、そっくりそのまま、一枚板テーブルの中に残し、平和な時も、大変な時も、あなたを鼓舞し、あなたと共に育っていくような、一枚板テーブルを製作しています。

私たちがお届けしたいのは、鳥取の木を使った、ただの一枚板テーブルではありません。
いつか思い出になるような、「暮らし」そのものです。

鳥ノ木の商品は、ショールーム「鳥ノ木暮らし」で実際に見て触って購入していただけます。
きっとグッとくる一枚に出会えると思います。
見学や相談からでも構いません。ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

【ショールーム「鳥ノ木暮らし」】
鳥取県鳥取市福部町岩戸276(タイ料理屋アイワナドゥ隣)
営業時間:11:00〜17:00
定休日 :火曜日
電話番号:0857-74-3877
オームページ : https://torinoki.com/
メール :info@torinoki.com
instaglam:https://www.instagram.com/torinoki_kurashi/?hl=ja

 

 

 

 

2021.01.20