地域コミュニティとビジネスコミュニティが緩やかに交わり 新たな文化を生み出すコミュニティ複合施設「隼Lab」。

 

隼Lab.は、鳥取県八頭郡隼地区にある旧隼小学校をリノベーションし、官民、地域が一体となりオープンしたコミュニティ複合施設です。

株式会社トリクミでは、隼Lab.の立ち上げの構想段階から深く本プロジェクトに関わり、
トータルでブランディング、プロデュースを担当しています。

さらに隼Lab.の運営会社シーセブンハヤブサ の代表も弊社代表古田が兼務し、
関連企業として経営、運営にも深く携わっています。

 

隼Lab.は、ビジネスコミュニティと地域コミュニティーが融合・共存し、町に新たな文化を生み出すをコンセプトに運営しており、様々な年齢、業種、出身地の方々が緩やかに繋がり、交わる事で、町に新たなきっかけやチャレンジを生み出しています。

1階にはトリクミの直営店舗「San」やセレクトショップなど2店舗がテナントとして入居している他、
地域の活動団体や訪問看護ステーションとしても使われており、地域内外に開かれたフロアとなっています。

 



広い絨毯スペースも併設しており、のんびりとお子様連れでも楽しめるカフェとなっています。


隼小学校時代に使われていた図工室は、あえてあまり手を加えず懐かしさを残しながら、
ワークショップルームに。家庭科室はシェキッチンとして、日々工作イベントや料理教室などの貸しスペースとして解放しています。

オリジナルのペンケースを制作する革製品づくりスクール。

家庭でできる燻製料理スクール。 

 

図書室はシェアライブラリとして転用し、子供から大人まで様々なかたが利用できるライブラリーを設置。

そして、二階と三階は主にワークスペースとして、シェアオフィスとコワーキングスペースとなっております。現在オフィスには15社が入居しコワーキングスペースは30社(個人事業主含む)が入居するスペースとなります。
ここでは、地方における新しい働き方や多様な働きかた、新たなチャレンジを応援するスペースとして運営しています。


 

そのほかにもビジネス系のイベントや経営スクール、多種多様なイベントが日々開催されており、地域コミュニティとビジネスコミュニティそして外からの来訪者の方々が融合するコミュニティ複合施設となっています。

 

 

屋内だけでなく、校庭やテラスでも様々な催しが開催されていて、
毎月一回開催される隼にちようマーケットは人気イベントとなっています。

 



日本一人口の少ない田舎から
日本の未来のモデルになる田舎をつくる。

 Lab.は、ただシェアオフィスやコワーキングスペースが存在しているのではなく、地域や企業、行政が一体となり地域課題の解決や新たな産業・雇用を創出する場を目指しています。
そして、この日本一人口の少ない田舎から日本の未来のモデルになる田舎をつくるをミッションに地域になくてはならない場になるよう日々奮闘しています。

隼lab. HP : https://hayabusa-lab.com/